導入準備・ワークスペース編

officepic-002

1、OAフロア設置でワークスペースをフレキシブルに

業務用パソコンのネットワーク化の妨げになるものに、コンセント不足の問題があります。
床にタコ足配線でコンセントの数を増やして一度据えてしまうと、そこがBlack Boxになってしまうこともよくある話。
コンセント配線、有線LANのケーブルもすべて床下に隠ぺいできてしまえるOAフロアがあれば、オフィス内の問題も一気に解消できます。

2、オープン書架導入で机の引き出しは不用品に

【テレワーク】が定着し、オフィスに常時スタッフ全員が居るということがなくなれば、担当者が居なくても案件がどうなっているかが判るような仕組み【仕事の見える化】が必要です。
【仕事の見える化】を実施するために必要なツールが全員の仕事関係の書類を一箇所にまとめる【オープン書架】です。

処理済みや未処理のようなグループ分けで棚を使い分け、書架を見れば案件がどうなっているか判るようなることが理想です。それができれば個人~の机の引き出しは不用品になり、机の引き出しがなくなれば、個人ごとの机は不要になります。

3、感染対策備品

ワークスペースはどうしても密室になりがちです。対面の人への防御を考えた【エチケットスクリーン】といった感染対策備品を設置しておきましょう。

 

「導入準備・ソフト編」へ