限界利益(重要)

お店の運営上、もっとも重要な数値のひとつとして「限界利益」というものさしがあります。

厳し目に言えば、お店の運営を続けられない経営者はこの「限界利益」の概念が足りていません。

ではこの「限界利益」とは何なのでしょうか。

判り易い言葉で言い表せば「採算ライン」と言えます。

 

「採算ライン」はお店を維持していくために最低限必要なライン、すなわち収支トントンのラインのことです。

 

お店は開けている以上、毎日固定費が発生します。

固定費をまかなうためには、毎日粗利を生み出さなければなりません。

 

「採算ライン」とは、固定費をまかなえる(最低でもトントン)だけの

粗利を生み出すことのできる売上高のことです。

少しややこしいかもわかりません。

でも、ここ重要です。

 

判り易く事例を挙げてみます。

小売店(粗利設定:20%)を運営し、毎月の固定経費が200万円発生しているとします。

200万円の固定経費をまかなえるだけの粗利額=200万円を確保するためには、

売上高 - 仕入原価(80%)= 200万円 となるだけの売上高が必要です。

仕入原価が80%なのですから、手元に2割残るワケです。

200万÷0.2=10,000万円 という計算が成立します。

 

この10,000万円が採算ラインであり、

200万円が限界利益のことなのです。

 

あなたのお店が、継続して運営でるようになるためには

毎月いくらの固定費が発生し、採算ラインを上回る売上が毎月、毎日挙がっているかが

ちゃんと頭の中に入っているかどうかにかかっています。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。