粗利・粗利益率

お店を運営する経営者として、日々の売上高と同様、常に注目しておくべき数値があります。

それは通称「粗利」と呼ばれ、正式には「売上総利益」と言います。

 

この「粗利」というものは、

「売上高」の総額から売上に直接関係する「売上原価」を差し引いて算出します。

 

「売上原価」とは「仕入原価」とも呼ばれ、小売店であれば商品の仕入れ金額を差し、

また飲食店等であれば食材などの原材料のことを表します。

 

お店を運営する以上、毎日の売上高の把握とともに、毎日の粗利がいくらあがっているのか

常に把握しておかなければなりません。

 

なお、売上を100円とした場合の粗利のことを、粗利益率といいます。

経営者目線で言えば、粗利益率をいかに高めていくかが重要です。

 

次ページ「限界利益」へ

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。